今更ですがSDG's

今更SDGsもないだろうと思うし、正直、バッチを付けるだけでそれらしい顔をしたり、「サステナブル」を連呼したりする人が、私は好きではありません。ですから、SDGsを日々の学びの時間に取り入れる事に抵抗があったのですが、「世界の今」と「自分のおかれた恵まれた環境」を知るにはこれ以上の教材はないかなと思い、始めた「SDGsの時間」。

「学校に通えない」「飢えや栄養不良」「水」「屋外での排泄」「食品ロス」「児童労働」「地球温暖化」「ジェンダーギャップ」、そんなトピックを都度テーマにし、どう思うか、どうしたら良いと思うか、等々を話し合っています。

こちらは単純に、世界の子供の中には自分とは全く違う生活をしている人がいる、日本の有難さや自分個人がおかれた状況の有難さを少しでも実感してもらえたら、という気持ちで始めたのですが、出るわ出るわ皆の意見。

17の目標を全部覚えたいと何度もノートに書く子。世界を知りたいと世界地図を学びだした子(次は歴史を学びたいと)。「どうしてそんな事になったの?可哀想だよ」と涙ぐむ子。
「自分に出来る事」をテーマに話し合った時には「水を出しっぱなしにしない」「トイレットペーパーを使い過ぎない、何故なら紙は木から出来ていて、木がなくなると言う事は森がなくなり温暖化や異常気象に繋がるから」「食べ物を捨てない」「飢える人の所に食べ物を届けられる仕組みを作れるようにしたい」「今自分が勉強する事で、世界中の子供達が勉強できるようにしてみたい」「差別しない心を持つ」等々。

こういう子供達がこういう気持ちを持ったまま大人になってくれたら、きっと世の中は良い方へ変わっていく。そう実感できるSDGs時間を過ごしています。
やってみるもんだ、SDGs。






寺子屋アイアム|流山市の民間学童&おもしろ学び処

南流山駅から徒歩3分。送迎有。 造形(アトリエ)教室・科学実験教室・英語教室を備えた民間学童。 毎日をワクワクに!